スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の地域猫活動が終わりに近づいてきた

石神井公園で19年も生きてきたアビちゃん(2014年3月に保護)
を看取ったのが12月26日。その2時間後、私の母が危篤状態である
との連絡を受けました。アビちゃんの看取りは介護そのものでした。
アビちゃんが心臓発作を起してから死ぬまでの3週間は、
私の睡眠時間は毎日、5時間。深夜2時までシェルターにいて、
家に眠るために帰り、7時にはまたシェルターに戻ることを
繰り返していました。朝、シェルターに来てから、
アビちゃんの身体が固くなっているのを
発見したくなかったから、アビちゃんから長時間、
離れることができなくなっていたのです。
飼育する猫の数が数十匹超えた時から、自分は親の死に目に
あうことはないだろうと思っていました。
私の代わりに猫の飼育ができる人はいません。
母の葬儀にも行くことはできませんでした…


12月になって、以上のような文章を5回、下書きに残しています。
でも記事を公開することができませんでした。
思考も文章もまとまらなかったのです。

母が亡くなってすぐの12月初め。
私の地域猫活動の原点である、自宅周辺に生息する猫の
最後の一匹、カラス丸がベランダで死んでいました。
毎年、きっちりやっていた冬支度が、多忙で遅れてしまった。
一番に若かったカラス丸は、6、7歳になっていた。
あまりにも多忙な毎日で、歳まで数える気配りができてなかった。
猫ベッドの中で、丸く固まったカラス丸の死体を発見した時、
号泣しました。正直に書きます。母の時は泣きませんでした。
次に死ぬは自分だと思っただけ。母は夢にもでてくれないので、
詫びることもできない。申し訳ない。
保護猫カフェをつくってからドラマのような出来事が
続いています。良いことばかりではなく、
心が傷つくことが多かったです。批判もされています。
カフェの赤字、沢山の保護猫に掛かる医療費で
どんどん貧困度が上がり、光熱費どころか、
交通費や自分の食費すらない時期もありました。
自業自得と言われても返す事もできません。
まぁ、その通りですので…

疲労と貧困の中、保護猫の体調管理ができなくなってきた。
白血病キャリアの姫(今年の夏、石神井公園で保護)が
急に弱り死んだ。12月15日かな。
もう日にちすら記憶できない。
あーーーー。もうダメです。限界です。
私はこれ以上、保護猫を抱えてはいけない。
今いる猫達を幸せにしてやらなければならない。
私の行う地域猫活動は終わりに近づいています。
今後、活動をどう展開するのかは考えます。
しばらくは譲渡活動に集中するつもりです。

Facebookは頑張って、毎日、更新していますが、
Facebookを見ない方は、
「ブログの更新なくてどうなっているのだろうか」と
思っていらしゃるかもしれません。
福田は頑張っていますが、かなり疲れてきました。
生き物を扱う仕事に休みはありません
心が身体が病気になる前に、手当をしないといけません。
カフェの運営も赤字がでなくなる対策が必用。

ブログを休んでいた訳は以上です。簡単ですみません。
旨くは書けません。時間がないのです。
最後にカラス丸の写真をあげます。
私の住むマンションには、数匹の白黒猫がずっと住んでいました。
大家さんにお願いをして、地域猫として認めていただきました。
お外の猫は長生はできません。毎年、少しづつ減っていきました。
突然に姿を消した子。病気で弱り、私の家に入れた子は3匹。
2匹は死にました。
毎日、一緒にいた猫が消えることは本当に悲しいです。
外で暮らす猫を24時間、守ってはやれないので、
これまでブログに顔写真をあげたことはありませんでした。
いろな人がいます。猫を平気で殺す人がいます。
私の活動地域でも、何匹か殺されました。
だから個体の識別ができる写真や猫が住む場所は
絶対に公開しませんでした。
これが最初で最後の写真。

マンションに住んでいる方々へ。
車の上に乗って、すみませんでした。
花壇をトイレにして申し訳ありませんでした。
猫達を温かく見守ってくださり、
ありがとうございました。

カラス丸・ドアー前で、遅い私の帰りを毎日、待っていました。
あなたの鳴き声が耳から離れないよ。ごめんね。早く、家に入れてあげればよかった。
PIC_0078-77.jpg


カラス丸が大好きだったミキティ。3年前に突然に消えました。とても賢い猫でした。
私に時々お土産の鳩を持ってきてくれたね。ありがとう。
1PIC_0076-77

スポンサーサイト
最新記事
人気ブログランキング
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク

■私の教科書■



■三太郎World■


■Happy Nekochan■



■三太郎一家動画■
一覧はこちらから



■オール手作り家具の店■
私のネコ家具は全てここ!



■ネコボラの輪■
いつでも里親募集中


■猫友の輪■
みんなで広げよう! 石神井の『輪』!

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

Want to be friends with this user.

第一種動物取扱業者標識
■氏名又は名称:
一般社団法人練馬の猫を考える会
■事業所の名称:
保護ねこカフェ はっぴーねこちゃん
■事業所の所在地:
東京都練馬区石神井町三丁目25番3号
本橋ビル402
■動物取扱業の種別及び登録番号:
展示 14東京都展第004300号
■登録年月日:
平成26年4月14日
■有効期間の末日:
平成31年4月13日
■動物取扱責任者:
福田佐富美
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。