スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜歯手術を受けたマイケル

マイケル!(推定2才)

何時もでていたピンクの舌と、かすれた声は
常に私の中では心配事であり、
譲渡活動にブレーキが、かかってました。


飼い主さん大募集-1





マ~イちゃん!

        

皆様は 若年性歯肉炎という病気をご存知ですか?
生まれつき歯茎に炎症がある(または炎症を起こしやすい)。
特徴は子猫の時から口臭が強い。そのような猫は、
成長と共に口腔内に炎症が広がり、大変な痛みをもち、
ご飯を食べることができなくなるのです

この若年性歯肉炎を治すには、抜歯手術が必要です。
まだ丈夫な歯も、歯茎の炎症により、ぐらぐらとなり、
いずれ抜けてしまうので、そうなる前に、
前の歯、犬歯以外の歯を、全部、抜くのです。
私の保護猫で、全顎抜歯を受けたのは今までに、
マイケルで6匹目です。頑丈な歯まで抜くことには
抵抗がありましたが、抜いたほうが、確実に元気を取り戻します。
手術しないと、食べることが困難となり、衰弱し死に繋がる。
なによりも炎症が起きた時、ご飯を食べると悲鳴をあげ、
飛び上がって痛がる様を見過ごすことはできません。

飼い主さん大募集-1




マ~イちゃん!!!

術後、元気になりました



飼い主さん大募集-2

子猫のような純な猫

やっと~これで~病気の疑い(私の心配)無しとなり

飼い主さん募集の土俵にあがりました


エイズ、白血病は陰性

本当に良い子なのです、人を疑うことを知りません

お外で生活していたら

多分、死んでいました


飼い主さん大募集-3

一日に3回、PCの前でノンビリする猫

仕事にはなりませんが、可愛いです

そんなマイケルの新しい家族を探しています




一日、ワンクリック、応援ポチをお願いいたします



私の心配事は、譲渡した猫が

マイケルのように病気になった時に

新しい飼い主さんが、病院に連れていき

全力で治療をしてもらえるかどうかなのです。

私は譲渡した猫、全ての猫の後追い調査をしてみたい

病気になった時、可能であれば、

治療へのアドバイス、協力がしたいのです


マイケルの病気が完治しないため
飼い主さん募集は中止しました
(追記2013年5月27日)




 
スポンサーサイト
最新記事
人気ブログランキング
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク

■私の教科書■



■三太郎World■


■Happy Nekochan■



■三太郎一家動画■
一覧はこちらから



■オール手作り家具の店■
私のネコ家具は全てここ!



■ネコボラの輪■
いつでも里親募集中


■猫友の輪■
みんなで広げよう! 石神井の『輪』!

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

Want to be friends with this user.

第一種動物取扱業者標識
■氏名又は名称:
一般社団法人練馬の猫を考える会
■事業所の名称:
保護ねこカフェ はっぴーねこちゃん
■事業所の所在地:
東京都練馬区石神井町三丁目25番3号
本橋ビル402
■動物取扱業の種別及び登録番号:
展示 14東京都展第004300号
■登録年月日:
平成26年4月14日
■有効期間の末日:
平成31年4月13日
■動物取扱責任者:
福田佐富美
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。